Blog&column
ブログ・コラム

なぜシニアドライバーが増えている?

query_builder 2021/08/08
コラム
60-70-years-jacket-landscape-old
いま現在、シニアドライバーが増加傾向にあります。
今回は、運送業界の高齢ドライバー問題や人手不足問題について見ていきます。

▼高齢ドライバー問題
シニアの高齢ドライバーが増えているのが、現在問題となっています。
シニアドライバーが悪いわけではありませんが、日本が超高齢化社会に突入して、トラック業界の人材確保が難しくなってきているのです。
2000年から2010年までは10代のトラックドライバーは約4割いましたが、2019年には3割以下に減少しています。

▼なぜドライバー不足なのか
高齢化だけでなく、運送業界の運賃の低価格化によりドライバーの賃金が少なくなります。
これもドライバー不足の原因の1つです。
また、他の業種に比べて労働時間が長いのもドライバー不足の原因でしょう。
他業種よりも年間で300~400時間も労働時間が長いのです。

▼ドライバー不足を解消するには
ドライバー不足を解消するには労働条件を改善することが必要です。
ドライバー不足の解決策として、現状ではシニアドライバーや主婦ドライバーを雇用するのが妥当だと思われます。
ただし、主婦ドライバーは仕事時間が少なくなりがちです。
シニアドライバーは経験豊富な反面、健康面や安全面についてこれまで以上に気を使わなくてはなりません。

▼まとめ
運送業界の人手不足問題は深刻ですが、徐々に労働条件の改善が図られてきています。
「トラックドライバーを目指したい」という人は、そこまで心配しすぎることはありませんよ。
栃木県にある赤帽ケイティ商会では軽貨物の運送サービスを行なっています。
お客様から丁寧な対応を評価いただいておりますので、ぜひ安心してご依頼ください。

NEW

  • 軽貨物

    query_builder 2021/03/28
  • 北海道行きました。

    query_builder 2021/03/22
  • 商品を丁寧に扱って欲しい!運送会社の選び方

    query_builder 2022/08/02
  • トラックドライバーになりたい!仕事の選び方は?

    query_builder 2022/07/01
  • 運送業で働く人の服装は?

    query_builder 2022/06/03

CATEGORY

ARCHIVE